4.実施体制の整備

point
①ストレスチェック制度は事業者の責任において実施するものである。

②事業者は、実施計画策定、産業医等の実施者又は委託先の外部機関との連絡調整及び実施計画に基づく、
実施管理等実務の担当者を指名する等、実施体制を整備する。

③当該実務担当者には、衛生管理者又は指針に規定する事業場内メンタルヘルス推進担当者を指名。
労働者の解雇等に関して直接の権限を持つ監督的地位にある者でもよい。

≪指針全文≫
ストレスチェック制度は事業者の責任において実施するものであり、事業者は、実施に当たって、実施計画の策定、当該事業場の産業医等の実施者又は委託先の外部機関との連絡調整及び実施計画に基づく実施の管理等の実務を担当する者を指名する等、実施体制を整備することが望ましい。

当該実務担当者には、衛生管理者又はメンタルヘルス指針に規定する、事業場内メンタルヘルス推進担当者を指名することが望ましいが、ストレスチェックの実施そのものを担当する実施者及びその他の実施事務従事者と異なり、ストレスチェック結果等の個人情報を取り扱わないため、労働者の解雇等に関して直接の権限を持つ監督的地位にある者を指名することもできる。

実施に当たって<<
NEXT
NEXT
>>TOPページ

関連記事

お申し込みはお早めに

ストレスチェックのお申し込みはお早めに

お問い合わせフォーム

産業医・産業保健のことならドクタートラスト

ストレスチェック制度の基本フロー

衛生委員会で調査審議産業医と審議事業者による方針の表明労働者に説明・情報提供ストレスチェックを実施結果を労働者に直接通知セルフケア通知の有無の確認申出の勧奨保健師によるケア面接指導申出医師から意見聴取面接指導の実施意見聴取処置の実施確認・点検・検討

ストレスチェック集団分析フロー

事業者による方針の表明 衛生委員会で調査審議 労働者に説明・情報提供 ストレスチェックを実施 結果を労働者に直接通知

運営会社

このサイトは、産業医契約企業数 全国第1位のドクタートラストが運営しています

産業医・産業保健のことならドクタートラスト

ページ上部へ戻る