衛生委員会で調査審議

1-2shingi
point
・事業者は、ストレスチェックの実施前に、事業場の衛生委員会等で実施体制、実施方法等を審議・決定し社内規定を定める。
・事業者は、ストレスチェックの実施の趣旨・社内規定を労働者に周知する。
・ストレスチェック実施後には、実施状況やそれを踏まえた実施方法の改善等について調査審議し、次回の実施に活かす。

衛生委員会の活性化をしましょう

eiseisaikuru
衛生委員会においては職場や労働環境を改善する為の調査・審議が行われている。だが実際には形骸化してしまっている衛生委員会が多く存在していることが実情だ。
そしてこの度、ストレスチェック制度が施行されることに伴い、新たに調査・審議を行う事項が増える。この機会に、一から衛生委員会の運営方法に関して真摯に取り組む必要があるだろう。

衛生委員会において審議すべき事項

①ストレスチェック制度の目的に係る周知方法

ストレスチェック制度は、メンタル不調者の発見を目的としておらず、労働者自身の気付きを促す一次予防を目的とする。

②ストレスチェック制度の実施体制

実施者が複数いる場合は、共同実施者及び実施代表者を明示すること。
※当該事業場の産業医等が実施者に含まれるときは、産業医を実施代表者にすることが望ましい。

なお、外部機関にストレスチェックの実施の全部を委託する場合は、委託契約の中で委託先の実施者、共同実施者及び、実施代表者と実施事務従事者を明示させること。

③ストレスチェック制度の実施方法

使用する調査票及び媒体 ・高ストレス者の選定基準 ・実施頻度、実施時期及び対象者 ・面接指導の申出方法、実施方法

④ストレスチェック結果に基づく集団ごとの集計・分析の方法

集団ごとの集計、分析の手法 ・集団ごとの集計・分析の対象とする集団の規模

⑤受検の有無の情報の取り扱い

・事業者によるストレスチェック受検の有無の把握方法
・ストレスチェック受検の勧奨法

⑥ストレスチェック結果の記録の保存方法

記録を保存する実施事務従事者の選任 ・記録の保存場所及び保存期間 ・無断で閲覧が出来ない様なセキュリティの確保

⑦ストレスチェック、面接指導及び集団分析結果の利用目的及び方法

・本人への通知方法 ・実施者による面接指導の申出の勧奨法 ・事業者への提供にあたっての同意の取得方法
・ストレスチェック結果、集団ごとの集計・分析結果及び面接指導結果の共有方法及び範囲
・同意を取得した上で、実施者から事業者へ提供する結果に関する情報の範囲
・集団分析結果の活用方法

⑧ストレスチェック、面接指導及び集団分析結果に関する情報の開示、訂正、追加及び削除の方法

・情報開示の手続き
・情報の開示等に従事する者による秘密保持の方法

⑨ストレスチェック、面接指導及び集団分析結果に関する情報の取り扱いに関する苦情の処理方法

苦情の処理窓口

⑩労働者がストレスチェックを受けないことを選択できること

全ての労働者がストレスチェックを受検することが望ましいという制度の周知

⑪労働者に対する不利益な取り扱いの防止

労働者に対する不利益な取り扱いとして禁止される行為を事業場内で周知する方法

NEXT
NEXT
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お問い合わせフォーム

産業医・産業保健のことならドクタートラスト

ストレスチェック制度の基本フロー

衛生委員会で調査審議産業医と審議事業者による方針の表明労働者に説明・情報提供ストレスチェックを実施結果を労働者に直接通知セルフケア通知の有無の確認申出の勧奨保健師によるケア面接指導申出医師から意見聴取面接指導の実施意見聴取処置の実施確認・点検・検討

ストレスチェック集団分析フロー

事業者による方針の表明 衛生委員会で調査審議 労働者に説明・情報提供 ストレスチェックを実施 結果を労働者に直接通知

運営会社

このサイトは、産業医契約企業数 全国第1位のドクタートラストが運営しています

産業医・産業保健のことならドクタートラスト

ページ上部へ戻る