保健師による相談指導

point
・ストレスチェックの結果通知時に医師の面接指導以外の窓口を設置する必要がある
・保健師による相談窓口を設置することで、専門性は保ちつつ相談への敷居を下げられる

保健師による相談窓口を設置し、労働者が相談しやすい職場環境に

労働者にとって、産業医との面接はハードルが高く感じる場合がある。
そういった際に活用できるのが保健師による相談・指導だ。
保健師は医療職で専門性の高い職業であるが、産業医よりも身近に感じられるため、相談がしやすい。
ドクタートラストにも正社員の保健師が複数名在籍しており、企業からの相談を受け付けている。
産業医には相談することが難しいという意見が出た場合にはぜひご活用いただきたい。

ストレスチェックにおける相談窓口の設置

ストレスチェック制度では、結果の通知を行う際に産業医による面接指導の窓口も合わせて通知することが望ましい。
また、広く相談を受けられるように面接指導以外の窓口を設置することも推奨されている。
面接指導以外の窓口に関しては、社内の産業保健スタッフ、社外の契約機関の相談窓口、公的な相談窓口等の紹介などが適当だ。

woman2■ドクタートラストのサービス内容
ドクタートラストでは、保健師・精神保健福祉士による電話・メールでの
無料相談をお受けいたします!
「産業医に相談するのはちょっと……」「この結果はどうなんだろう……?」
ドクタートラストの保健師までご相談ください!

(保健師が訪問する契約プランもご用意がございます。詳しくはこちら

inq_banner2g

NEXT
NEXT

関連記事

お申し込みはお早めに

ストレスチェックのお申し込みはお早めに

ストレスチェック制度の基本フロー

衛生委員会で調査審議産業医と審議事業者による方針の表明労働者に説明・情報提供ストレスチェックを実施結果を労働者に直接通知セルフケア通知の有無の確認申出の勧奨保健師によるケア面接指導申出医師から意見聴取面接指導の実施意見聴取処置の実施確認・点検・検討

ストレスチェック集団分析フロー

事業者による方針の表明 衛生委員会で調査審議 労働者に説明・情報提供 ストレスチェックを実施 結果を労働者に直接通知

運営会社

このサイトは、産業医契約企業数 全国第1位のドクタートラストが運営しています

産業医・産業保健のことならドクタートラスト

ページ上部へ戻る