職業性ストレス簡易調査票(57項目)

職業性ストレス簡易調査票について

職業性ストレス簡易調査票とは、労働省「作業関連疾患の予防に関する研究班」ストレス測定研究グループが平成7年~11年度にかけて作成したものである。
この調査票は3つの観点から、回答者が現在抱えているであろうストレスの要因や度合について分析することを目的として作られ、項目数が少なく、現場でも簡単に測定・評価することができるシンプルな構成となっている。
さらにあらゆる職場での使用が可能なほか、心理的ストレス反応として、ネガティブな反応ばかりでなく、ポジティブな反応も含め、調査することができるとして信頼性や妥当性が高いといわれている。

構成

職業性ストレス簡易調査票は3つの構成からなる。

A)あなたの仕事について:職業性ストレス因子の分析
B)最近 1 か月間のあなたの状態について:ストレス反応の分析
C・D)あなたの周りの方々・満足度について:ストレス因子とストレス反応との関係を修飾する因子の分析

以上の項目を踏まえた57項目を回答することで、回答者の状況を分析し、要因の改善やセルフケアに努める。

questionnairePDF

職業性ストレス簡易調査票

kani-stress
職業性ストレス簡易調査票マニュアル(平成 17 年 6 月 15 日作成)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせフォーム

産業医・産業保健のことならドクタートラスト

ストレスチェック制度の基本フロー

衛生委員会で調査審議産業医と審議事業者による方針の表明労働者に説明・情報提供ストレスチェックを実施結果を労働者に直接通知セルフケア通知の有無の確認申出の勧奨保健師によるケア面接指導申出医師から意見聴取面接指導の実施意見聴取処置の実施確認・点検・検討

ストレスチェック集団分析フロー

事業者による方針の表明 衛生委員会で調査審議 労働者に説明・情報提供 ストレスチェックを実施 結果を労働者に直接通知

運営会社

このサイトは、産業医契約企業数 全国第1位のドクタートラストが運営しています

産業医・産業保健のことならドクタートラスト

ページ上部へ戻る