過労死の主な死因となる心疾患【DL資料】

過労死の主な死因となる心疾患

心筋梗塞などの「心疾患」は、過重な仕事(長時間労働・不規則な勤務・
頻繁な出張など業務に起因する極度の過労やストレス、
長期間にわたる疲労の蓄積など)が原因で発症する場合があります。
これにより死亡した場合は過労死と呼ばれます。

平成26年11月1日より、過労死等防止対策推進法が施行されました。

バックナンバー:第029号 2014年11月25日発行

 

衛生委員会のテーマ資料 過労死の主な死因となる心疾患

過労死

▶過労死の主な死因となる心疾患(全8ページ) PDFファイル

DLボタン

 

参考文献

 厚労省が過労死対策大綱案を公開(産業保健新聞)

 過重労働者面談の実施について(産業保健新聞)

 裁量労働制と過労死の労災認定(産業保健新聞)


翌月の衛生委員会でそのまま使えるテーマ資料を
㈱ドクタートラストの保健師が毎月作成!

メールマガジン『DTニュース』の登録はこちらから!
メルマガ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る